フランス語学習最大の壁「R」の発音方法やコツについて解説!


日本人がフランス語を勉強する際に、一番の大きな壁となるのが「」の発音。

日本語にも英語にもない発音なので、習得するのはなかなか大変です。

実際この「R」の発音ができずに、フランス語の勉強を挫折した人も多いのではないでしょうか?

 

このページではそんなRの発音の仕方やコツを紹介しています。

難しいですが、綺麗に発音できるようになると一気にフランス人のおしゃれなフランス語っぽくなるので頑張ってチャレンジしましょう!

思い込みからの脱却

まずは日本人が勘違いしがちな固定観念を捨てることから始めましょう!

Rはラ行ではない

通常フランス語の単語にカタカナで読み仮名をふるときには、Rの発音はラ行で書かれます。

例えば

Bonjour ⇒ボンジュー

Merci ⇒メシー

Au revoir ⇒オ ヴォワー

といった感じです。

そのためRの発音ができない人は、Rをラ行に近いと思っているかもしれません。

ただ正しくRを発音しようと思ったらその観念は捨てましょう。

実際にネイティブの発音を聞くとよく分かると思いますが、Rとラ行はかけ離れた発音です。

ラ行よりはむしろハ行に近い音に聞こえるのではないかと思います。

ただいずれにせよカタカナでは正確に表記できないので、カタカナ表記の思い込みを外すことがまず第一歩です。

綺麗な音ではない

一般的に「フランス=美しい・オシャレ」というイメージがついているため、フランス語にも優雅でオシャレな良いイメージがついていると思います。

ただこうしたイメージが良いか悪いかは別にして、Rの発音に関しては決してオシャレで美しい音ではありません。

もちろん上手に発音して文章を読めば華麗に聞こえるかもしれませんが、冷静にRの発音を単品で聞くとけっこう耳障りな音だと思う日本人も多いのではないかと思います。

そのためRの発音を練習する際は、美しい音だという固定観念を捨てて練習に臨みましょう。

スポンサーリンク

キーワードは「喉を鳴らす」

Rの発音をする際のキーワードは「喉を鳴らす」ということです。「鳴らす」というのが分かりづらかったら、「振動させる」というふうに捉えてもらって大丈夫です。

この喉の使い方のイメージとしてよく言われるのが「うがい」です。

うがいをするときに喉をガラガラとさせると思いますが、その感じを思いだしてください。

「うがい」の他にも、「タンを出すとき」や「いびきをするとき」といった形でもよく言われます。

自分の一番イメージしやすいものでいいですが、いずれにせよ「喉を鳴らす」感じを大切にしましょう。

発音の仕方

イメージを掴んだ上で、本題の発音の仕方を紹介します。

まず口の中で舌先を下側の前歯に当てましょう。

そしてそのままの形でため息をついてください。

ハァーっと言ったその時の風の音がRの発音の基礎となります。

そして基礎ができたら、今度はため息をする際に喉を鳴らします。

イメージは先ほど書いた「うがい」のような感じです。

できる限り強くしっかりと息を吐きましょう。

するとちょっと濁ったような感じの音が出ると思います。

それがフランス語のRの発音です。

これができるようになったら、ハァーというため息でなく、そのままの形で「あ・い・う・え・お」と母音を入れて言って練習しましょう。

それぞれの音で安定して出せるようになったらRの音の完成です。

スポンサーリンク

練習は一人がオススメ

Rの発音の練習をする際は、自宅の自分の部屋など一人のときが良いでしょう。

というのも、練習する際の喉を鳴らす音は決して耳障りがいい音ではないので、大勢の中でやるときはどうしても遠慮が出てしまいます。特に女性の場合だとそうです。

Rの発音を身につけるには、しっかりと喉を鳴らして息を吐く必要があるので、周りを気にしなくてもいい場所で一人でやるのが効果的です。

特にお風呂場なんかは声も響くので練習には最適です。

まとめ

ここまでフランス語のRの発音について見てきました。

日本語にはない難しい発音ですが、一度感覚を掴んでしまえば実はそれほど難しく感じないのではないでしょうか。

固定観念を捨てて、恥ずかしがらずにしっかり喉を鳴らして息を吐く練習をするのが一番の近道です。

フランス語は「R」さえ乗り切れば他の発音はそれほど難しくないので、うまく発音できなくてもめげずに何度もチャレンジしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする