英検2級の対策と一発合格するための効率的な勉強法を紹介!


英検の中でも、社会の中で高く評価され始めるのがこの英検2級です。

難易度が上がり、合格率も下がるので持っていると英語力の大きなアピールになります。

このページではそんな英検2級の合格に役立つ対策や勉強法などを紹介します!

英検2級とは

英検2級は、英語中級者としての十分な力があるかどうかを測る試験で、上級者へ向けての道のりの第一歩になります。

試験内容においても、この2級から新たに「ライティング」が加わるので、「読む、聞く、書く、話す」の4項目すべてが問われる総合的な英語試験になっています。

また就職活動のときになどに履歴書に書いてアピールになるのも、この2級からという場合が非常に多いです。

高校レベルの英語力がしっかり身についていることの証明にもなるので、大学受験の際に加点や試験免除などの優遇が受けられることもあります。

英検2級の難易度

英検2級の問題のレベルは高校卒業レベルで、出題範囲の英単語の数は約5000語とされています。

一つ下の準2級が約3600個だったので、一気に1400個も増えることになります。

実際に「5000語」というのは大学受験のセンター試験で出題される英単語の数よりも多いので、しっかりした英単語の語彙力がないと合格は難しいです。

文法に関して、出題範囲は一つ下の準2級と同じです。

そのため高校レベルの文法事項のベースができている人であれば、新たに覚えなければならないことは少ないと思います。

ただ同じ範囲でも問われるレベル若干上がるので、それぞれの文法事項をしっかりと理解しておくことが必要です。

リスニングのレベルも一般的な大学入試と同じくらいです。

しかし英検2級では英文がそれぞれ一回ずつしか放送されないので、全て一発で正確に聴き取る必要があります。

読まれる速度はそれほど早くないですが、素早く頭の中で処理していかなければならないので、事前に十分なリスニングの練習をしておくことが不可欠です。

こうしたことを考えると実際に英検2級を合格するためには、英検協会が目安としている「高校卒業レベル」よりも高い英語力が必要になります。

そのため高校で言うならば、英語が得意である程度自信を持っている学生がチャレンジするのにちょうどいいレベルの級なのではないかと思います。


スポンサーリンク

英検2級の合格率

英検2級の合格率は、一次試験が約30%、二次試験が約80%で最終的な合格率は25%ほどになっています。

平均すると4人に1人しか合格しない試験なので、事前にしっかり勉強できたかどうかで結果が分かれてくると言えます。

このレベルになると、実力不足だけど運や調子が良くて受かったということはまずありえません。

また合格率を見るとニ次試験のほうが圧倒的に高くなっています。

そのため一次試験を突破できるかどうかが合格に向けての最大の関門です。

受験する人は二次試験のことはまず頭の片隅に置いておいて、一次試験を突破することだけに集中しましょう。

試験形式

一次試験

一次試験はリーディングが38問、ライティングが1問、リスニングが30問の計69問です。

配点は3つそれぞれ650点で、合計1950点満点中1520点以上で合格になります。

3つの内どれか2つが満点でも1300点となり合格点には達しないので、3つの項目全てでバランスよく得点することが重要です。

特にライティングは1問しかありませんが、その1問が750点配点なので注意が必要です。

解答形式はリーディングとリスニングが全て4択のマークシート式で、ライティングだけが直接自分で英文を書くことになります。

二次試験

二次試験は約7分間の個人面接で、650点満点中460点以上で合格になります。

問題数は計5問で、音読やイラストの描写、トピックについての意見などの問題が出題されます。

環境問題やIT化など社会性のある話題についての意見を求められることがあるので、社会で起きていることに最低限の関心は持っておきましょう。

スポンサーリンク

効率的な勉強法

単語・熟語対策

英検2級の合格には、単語や熟語などの語彙力の強化が欠かせません。

とりわけリーディング問題の最初の20問である空所の語句を選ぶ問題では、選択肢の単語や熟語表現を知ってるかどうかが勝負になってきます。

もちろん長文やリスニング含め全体の得点の底上げにもつながるので、語彙を増やすことには最も力と時間を割いて取り組みましょう。

覚える際には、英検2級用の単語帳や大学入試用の標準レベルの単語帳や熟語帳を使うと効率的です。これと決めたものを使って、試験まで毎日繰り返し繰り返し覚えていきましょう。

文法・長文対策

文法や長文読解に関しては、解説のついた英検2級の問題集を解きながら覚えていくやり方が効率的です。

出題される問題の形式は毎回同じなので、解いていくうちに問題に慣れたり、よく出るポイントが自然と分かってきたりします。

解いた問題を復習する際は、手元に1冊高校レベルの文法を解説した参考書を用意しておきましょう。

不明点があったら参考書を開き、関連する事柄まで体系的に覚えるのが効果的です。

過去問を解いて復習することは点数UPに直結するものなので、どんなに時間がなかったとしても最低3回分は過去問を解いておきましょう。

リスニング対策

リスニング問題も問題を解きながら慣れていくのが一番効果的です。

何度も解いていくと、どのくらいの文章の長さで、どういった点が問われやすいかが分かってくると思います。

また英検2級では問題はそれぞれ1回しか放送されないので、一度で正確に聞き取る力が大切になってきます。

答えが正解だったとしても、スクリプトを見て聞き取れなかった部分がないかをしっかり確認しましょう。

もし英検2級のレベルが難しいと感じる人は、レベルを下げた別の教材を使ってもいいです。ただ、試験日までに最低3回は英検2級の過去問に取り組むようにしましょう。

ライティング対策

普段なかなか英語を書く機会がない人がほとんどだと思うので、ライティング問題を難しく感じる人が多いと思います。

しかしリーディングやリスニングに比べ短期間で対策が立てやすいのがこのライティングです。

ライティング問題を解く際に一番心がけたいことは「難しくしない」ということです。

これは答える内容を難しくしないということと、書く英語を難しくしないという2つの意味があります。

まず内容に関して、「日本で寄付する人が今後増加すると思いますか?」という問題がされたとします。

(出題されそうな架空の問題です)

こうした問題に、「日本は西洋の文化とは異なり、キリスト教の価値観が根付いていないため・・・」という風に難しく答えると、英文にするのも大変ですし時間がかかります。

ライティング問題で測っている能力なあくまで英語の力なので、

内容の論理性やオリジナリティに関する重要性は低いです。

「経済が成長していないので寄付も増えないと思う」など英語にしやすい普通の意見を書くようにしましょう。

次に答えとして書く英語についてですが、できるだけ簡単な単語と構文を使い、可能な限り正確に書くことを意識しましょう。難しい単語や構文を使うとどうしてもミスの可能性が高まるので、スペルに自信のある簡単な単語を正確に並べることが大切です。

またライティング問題を解く際は構成をはじめに考えてから書き始めるようにしましょう。

具体的な構成は次のような形が一般的です。

主張(賛成・反対など)

1つ目の理由

その理由の具体例

2つ目の理由

その理由の具体例

結論まとめ(一番初めの主張の言い換え)

この例のような形で事前に構成を決めておくと、

途中で方針変更をして大幅な時間ロスになってしまうことを避けれます。

最後に、これは受験する人の環境にもよりますが、練習で自分が書いた文章は可能な限り英語の先生などに見てもらった方がいいです。

自分では完璧だと思っていても、冠詞や文法など思わぬところでミスをしている可能性があります。

完全に独学でも合格レベルに達することはできますが、身近にいる先生などをうまく活用するのが効率的です。

二次試験対策

合格率からみても分かるように、一次試験を突破できる英語力があれば二次試験を合格することはそれほど難しくありません。

入室からの一連の流れをしっかり頭の中でシミュレーションして、落ち着いて試験に臨みましょう。

具体的な対策としては、過去問や予想問題集を使いながら自分だったらなんと答えるかを考える練習をしておくことです。

こうした練習を繰り返しておくと、本番での予期せぬ問題にも冷静に対応できるようになります。

また過去問と全く同じ質問をされることはありませんが、質問される内容のレベルは同じくらいです。

なので模範解答などから使えそうな表現や言い回しがあったらどんどん自分の中にストックして、声に出して練習しましょう。

二次試験の面接で一番やってはいけないことは「黙ってしまう」ことなので、多少文法が間違っているかもしれないと思っても積極的に発言することが大切です。

もし問題が聞き取れなかったときのために、最低限聞き返すフレーズは事前に用意して試験に臨みましょう。

時間配分には気をつける

英検2級の一次試験で気をつけたいのが時間配分です。

リーディングとライティングが同じ配点なので、長文問題に時間がかかってしまいライティングが解けなかったということになれば、無条件に不合格となってしまいます。

事前にどの問題にどれくらいの時間を使うかの配分を考えておき、一つの問題に考えすぎないようしましょう。

ライティング問題に費やす時間は20分くらいが目安になると思います。英作文が得意な人でも、見直しの時間を含め最低でも15分はライティングに時間を当てるよう配分を考えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする