仏検の概要を総まとめ!各級のレベルや合格率、取得のメリットなど


オシャレなイメージがあり、話せると周りから一目置かれるフランス語。

そんなフランス語の能力を測る日本の試験「仏検」についてまとめました!

仏検とは?

仏検は正式に言うと「実用フランス語技能検定」のことで、文字通りフランス語の能力を証明する資格です。

ちょうど英語でいうところの英検にあたりますね。

フランス語というとオシャレなイメージがありますし、日本では昔から大学の第二外国語としても人気の高い言語です。

そのため国内でもフランス語を勉強している人は結構たくさんいます。

日本人向けに行われているフランス語の検定試験はこの仏検だけなので、多くのフランス語学習者の目標となっている資格試験です。

取得のメリット

学生

大学生であれば、大学や授業によっては仏検を持っていることで単位取得ができる場合があります。

またフランス語圏の大学へ交換留学を考えている人は、学内選考で自分のフランス語力を証明する手段としても仏検はとても有効です。

就職活動を考えた場合、資格自体が高く評価されるのは準1級以上のレベルになります。

ただ、ほとんどの学生が第二外国語に真剣に取り組んでいないという現状があるので、2級や3級でも採用者に自分の「意欲」や「真面目さ」をアピールする武器にできるでしょう。

もしフランス語に興味があったり、第二外国語でフランス語を取っている人であれば、積極的にチャレンジしたい資格試験です。

社会人

ひと昔前と比べるとフランス語は英語にだいぶ押され気味な印象がありますが、今でも国際機関の公用語になっていますし、世界の中で一定の存在感を放っています。

また今後フランス語圏のアフリカの国々が経済成長していくと、再び重要性が高まる可能性が高いです。

実際に現時点でも多くのフランス語圏の国々に日本企業は進出しているので、英語にプラスアルファでフランス語も勉強していると、キャリアアップの可能性が高まるのではないかと思います。

そういう意味でフランス語は他の人との差別化を図るにもってこいの言語ですし、その能力を証明する手段として仏検を取ることのメリットは大きいです。

スポンサーリンク

試験日程

仏検は、春と秋の年2回実施されています。

そしてその中でも1級は春、準1級は秋にそれぞれ1回行われるのみです。

年に2回というのはただでさえ資格試験の実施ペースとしては遅いのに、上級レベルの2つは1年に1回しかチャレンジできないというのはなかなか大変ですね。

仏検は落ちてしまうと次の 受験機会までの間が長いので、しっかり勉強して一発合格目指しましょう。

またうっかり申し込み忘れたということのないよう、出願期間をしっかり確認して早めに申し込んでおきましょう。

試験の形式

仏検は1級から5級に、準1級と準2級を加えた計7段階に分かれています。

5級から3級までは筆記による一次試験のみですが、準2級以上になると面接による二次試験が加わります。

二次試験は一次試験の合格者のみが受けれる試験で、一次試験の1か月~2か月後に実施されます。

また筆記による一次試験においても、5級から3級までは「読み取り」と「聞き取り」(英語風にいうとリーディングとリスニング)だけですが、準2級以上では「書き取り」が加わります。

「書き取り」は放送される音声を聞いて、それを正しくフランス語で書く問題です。

正確に聞き、正確に書かなければならないので難易度が高く、多くの受験者がこの問題に苦戦しています。

ちなみに英検にはこのような問題はありません。


スポンサーリンク

各級のレベルと合格率

各級のレベルと合格率をまとめました。

合格率は直近3回(1級・準1級は2014年から、2級以上は2015年秋から)を古い順で書いているのでぜひ参考にしてみてください。

1級

仏検の最高峰であり、最も難しい試験。

ネイティブスピーカーとも対等に話せ、現地の新聞やテレビも理解できるフランス語マスターの領域。

フランス語を武器に仕事をする人はぜひ合格したい級です。

合格率は非常に低く、11.4%、11.3%、10.6%と推移しています。

フランス語が得意な人が10人受けて1人しか受からないレベルなので、合格には相当の努力が必要です。

準1級

フランス語を使って一般的な会話や日常生活が問題なくできるレベル。

専門的なことになると厳しい面もあるが、だいたいどんな内容でも大まかな内容は理解することができる。

フランスへ留学したり、会社で現地赴任になった人はこの級を目標にしたいです。

合格率は1級に次いで低く、24.1%、22.1%、21.7%と推移しています。

計算するとおよそ4人~5人に1人という割合なので、合格にはしっかりとした事前の勉強が必要になります。

2級

ネイティブと会話したり、フランス語圏で生活したりする上で最低限必要なフランス語のレベル。

実践的な力も必要で、社会的な評価も高くなるので、第二外国語や趣味で勉強している人はこの2級を1つの大きな目標にしたいです。

最終合格率は、31.1%、32.5%、30.3%と概ね30%くらいで推移しています。

準2級

フランス語上級者へ向けた入口的な位置づけの試験です。

二次試験の面接も新たに加わってくるので、より実践的なフランス語力が問われるようになります。

最終合格率は、54.4%、53.4%、52.9%と50%代で推移しています。

3級

フランス語の基礎をしっかり理解できている人が合格できるレベルです。

大学で単位認定を受けれたり、社会的に評価され始めたりするのもこの級からになります。

基礎の集大成といった位置づけなので、多くのフランス語学習者の目標になっている級です。

合格率は、59.8%、61.7%、53.6%と推移しています。

4級

フランス語の基礎がある程度理解できているレベル。

第二外国語として1年間授業を受けていれば、だいたい4級くらいの実力がついているのではないかと思います。

フランス語初心者が基礎を確認するために目標にするとよい級です。

合格率は72.6%、81.6%、72.7%と高い水準で推移しています。

5級

フランス語の最低限の基礎ができているレベル。

勉強し始めたばかりの人はまずこの級を目指しましょう。

合格率は、古い順に88.4%、82.2%、87.2%と非常に高い水準で推移しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする