証券外務員の資格試験とは?資格の種類や取得のメリットなど試験の概要をまとめました!


このページでは「証券外務員」の資格の概要を詳しく解説しています。

証券外務員の資格は、FPと並び人気の高い金融系の資格で、特に金融機関においては必須の資格と言われています。

そんな証券外務員の資格について一つずつ見ていきましょう。

具体的な対策や勉強法についてはこちらをご覧ください!

証券外務員一種

証券外務員二種

証券外務員とは?

証券外務員」とは、銀行や証券会社などの金融機関で金融商品の勧誘や販売をする人のことを指します。

実際の現場で外務員として働くためには、今回紹介する外務員試験に合格し、金融機関などに勤めた上で金融庁に外務員登録をしなければなりません。

そのためこの証券外務員の資格は多くの金融関係者にとって必須の資格になっています。

資格の種類

証券外務員の試験は大きく分けて正会員特別会員の2種類の試験があります。簡単に言うと、正会員は証券会社向け、特別会員は銀行向けの資格です。

このうち一般向けで誰でも受検することができるのは正会員のほうです。

また正会員の中にも一種と二種があり、一種のほうが上の資格です。「信用取引」や「デリバティブ取引」といった内容は一種のみなので、二種では一部の職務に制限が加わっています。

加えて銀行向けの特別会員の方は試験範囲が狭く、業務で行える内容も狭くなっています。したがって、もし特別会員の人が正会員に移行したいという場合にはもう一度正会員の試験を受検しなおさないといけません。

スポンサーリンク

資格取得のメリット

証券外務員の資格は、金融機関に勤める人にとって必須です。そもそもこの資格は持ってないと仕事ができないので、重要性は極めて高いです。

そのため金融機関で働く場合、まず初めに取得することが強く求められますし、逆に言えばこの資格取得に手こずるとスタートダッシュで大きく差をつけられることになってしまいます。

また資格のこうした性質から、金融機関への就職を希望する就活生にとって証券外務員は非常に大きな武器になります。企業側へ金融機関に就職したいという意思を明確にアピールすることができますし、いずれ皆が取らなければならない資格を既に持っているという点では大きなアドバンテージにもなります。

金融系ではFPと並びぜひ取得しておきたい資格の一つです。

試験日程

証券外務員試験は「プロメトリック」という日本証券業協会が提携している試験運営サービスの会社が行っており、全国各地のテストセンターで受検することができます。

試験は土日祝日や年末年始を除いて基本的に毎日行われているので、うっかり申し込み忘れたということはありません。

ただ不合格になった場合には、その後30日間の受検禁止期間が設けられているので、むやみやたらに連続受検することはできなくなっています。

試験の仕組み

外務員試験はテストセンターのパソコンで受検し、問題は受検者によってランダムに出題されます。パソコンでの試験と言っても難しい操作は必要ないですし、分からなくなったら聞くこともできるのでその点は心配する必要ありません。

試験は70%以上の正答率で合格となり、合否は試験が終わった当日にすぐにわかります。結果の通知書には「合格」「不合格」と大きく書いてあるわけではなく、目立たない普通の大きさの字で70%以上だったか以下だったかが書かれているので、文章をよく読みましょう。

難易度や合格率

平均合格率は二種試験で60%ほど、一種試験では40%ほどだと言われています。

個人的には試験の内容の割に高めだなという印象がありますが、受検者の好きなタイミングで受検できることが合格率の上昇につながっているのだと思います。

ただ試験自体はある程度しっかり勉強しないと受からないので、この合格率を見て安心するのはやめたほうがよさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする