FP3級は誰でも受かる?難易度や合格率、効率的な勉強法や実技試験について


このページではFP3級の試験について詳しく解説しています。

「FP3級って難しいの?」といった単純なことから、

「実技試験は何を選べばいい?」といった具体的な疑問まで

これを読めばきっと分かるはず!!

それでは一つずつ見ていきましょう!

なお、FP試験全体の概要についてはこちらのページをご覧ください

FP3級の概要

試験内容について

FP3級は3級とはいえ試験範囲が非常に幅広いのが特徴です。

内容は大きく分けて6つのテーマに分かれています。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. リスク管理
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業継承

これらの分野からまんべんなく出題されるため、受験者は合格のために幅広い知識を身につけておく必要があります。

FP協会と金財

試験は「FP協会」と「金財」という2つの団体が行っています。

学科試験はどちらの団体も共通ですが、実技試験はFP協会が「資産設計提案業務」、金財が「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」という形で分かれています。

3つのどれを受験するかは受験者が選ぶことができます。

問題形式と合格ライン

問題は学科・実技ともにマークシート形式で6割以上の得点で合格になります。

学科は1問1点の問題が60問あり36点以上で合格。実技はFP協会の場合、20問100点満点で60点以上、金財の場合は15問50点満点で30点以上で合格です。

スポンサーリンク

難易度や合格率

FP3級の難易度はけっこう低めです。

出題範囲が幅広いのが唯一の難しい点ですが、問題自体は基本的な内容が多く広く浅くといった印象。

また問題が全て選択肢の少ないマークシート形式なのも難易度が低くなっている要因です。

 2017年9月2018年1月2018年5月平均合格率
学科試験(FP協会)78.47%80.33%78.92%79.24%
学科試験(金財)69.95%65.34%57.84%64.37%
実技試験「資産設計提案業務」(FP協会)85.37%89.07%90.47%88.30%
実技試験「個人資産相談業務」(金財)75.83%67.13%71.20%71.38%
実技試験「保険顧客資産相談業務」(金財)67.05%42.98%35.69%48.57%

実際に過去3回分の合格率のデータを見ても合格率がかなり高い試験であることが分かると思います。総合するとだいたい1発で学科と実技の両方を受かる確率は50%~60%くらいです。それなりに勉強をして臨めば十分に合格できる試験ということがこの数字に表れていますね。

また全体的にFP協会のほうが合格率が高いですが、受験者の質の違いであって金財よりFP協会の試験のほうが簡単というわけではないでの注意してください。

はっきりとした理由は分かりませんが、おそらく企業などの団体申し込みが金財に多く、やる気のない受験者が多く混じっていることがこの結果の差につながっているんじゃないかと推測しています。

FP3級取得のメリットは?

FPの人気は非常に高まっていますが、FP3級という資格自体に大きなメリットはないかと思います。実際に合格率が非常に高い資格のため「3級なら誰でも取れる」といったイメージがあるのも確かです。

しかし3級でもFPを持っていることで、お金に関する基本的な知識があることはアピールできますし、企業によっては昇進・昇格の基準になっていたりします。またFPの業務経験がない人にとっては3級は今後2級を受験する上でも必要な条件になっています。

なにより、FP3級取得のために勉強した内容は、今後の人生において確実に役に立つでしょう。

お金に関する知識はなかなか学校では教えてくれませんからね。

FP3級という資格自体に価値を追い求めるのは止めた方がいいですが、取得を目指して損のない資格であることは確かです。

勉強法は?

すでに書きましたが、FP3級合格のキーワードは「広く浅く」です。

6つあるテーマのどれかに偏るのではなく、まんべんなくそれなりの知識があれば合格できる試験になってます。

教材は市販されているFP3級の教科書過去問集を1冊ずつ用意しましょう。

たくさん種類があり、基本的に古いものでなければどれでもいいですが、

特にオススメなのが下の「みんなが欲しかったシリーズ」です!

私も実際に使いましたが、分野ごとに重要な点が分かりやすくまとめられていて、非常に理解しやすかったです。

当日試験会場で周りを見渡しても、この教材を使っている人が一番多かったと記憶しています。もし迷ったら、この2冊を買っておけば間違いないでしょう。

教科書は万全の態勢で臨むならもちろん2周3周と読み返した方がいいですが、時間がなければ1周だけでもなんとかなります。

一番避けるべきことは、「深く勉強していったせいで4つのテーマしか勉強できなかった」というようなことにならないこと。全く予備知識がないのとふんわりとでも知識があるのでは広く浅くの試験において大きく変わってきますからね。

試験範囲全体を一通り勉強したあと、過去問を1、2回やって形式に慣れれさえすれば基本的にはこれで合格はほぼ問題ないです。

勉強時間は人にもよりますが、基本的には1日1時間で1か月、計30時間ほど費やせば十分に合格できると思います。

知っておくと役立つポイント

実技試験の選択で悩まない

FPを受ける際に悩むのが実技試験をどれにするかという問題。これによってFP協会で受けるか、金財で受けるかも変わってくるので受験者にとっては結構な悩みどころです。

しかしはっきり言ってこれについて悩むのは時間の無駄

試験ごとの合格率に若干の違いはありますが、難易度が大きく異なるわけではありません。また実技試験特有の学習範囲があるわけではなく、学科試験でも出される範囲の中で重点が異なるだけなので大きな問題ではありません。そのため合格のためには、実技試験をささっと選んで試験勉強にうつる方が得策です。

ただもしあなたがどうしても悩んで決められないというならば、FP協会の「資産設計提案業務」を選んでおきましょう。たいした差はないですが、FP協会の実技試験は1つなので「学科試験の延長」といった印象が強く一番無難な気がしています。

急いで解く必要は全くなし

FP3級の試験時間は、学科試験が120分で実技試験が60分です。

この試験時間はかなり長めの設定で、恐らくほとんどの人が時間を余らせることになると思います。これは問題自体が「知っているか知らないか」を問うもので考えて答えが分かるものではないことと、マークシート式で塗りつぶすだけなのが影響しています。

そのためFP3級の試験においては、時間を気にして急ぐ必要は全くないですし、解き終わって見直す時間も十分取れます。普段解くのが遅い人もこの点に関しては全く問題ないでしょう。

スポンサーリンク

電卓はあまり使わない

FP3級の試験では電卓(プログラム電卓以外)の持ち込みが許可されているので、どんな計算問題がでるだろうと不安になる人も多いと思います。

しかし結論から言うと、複雑な計算問題は出ないの全く神経質になる必要はありません。電卓を使う必要がある問題の数も少ないですし、そうした問題も筆算で頑張れば電卓が必ずしも必要ではない問題ばかりです。加えて、答えが2択や3択のマークシート式なので筆算による細かい計算のミスも答えの選択肢を見て気づくことが多いです。

もちろん電卓を持ち込んだ方が計算が速くて正確なのでそのほうがいいですが、FP3級の試験自体が時間制限の厳しい試験ではないので、仮に持ち込まなかったとしてもほとんど問題ないです。またFPの参考書に時々載っているような電卓術(素早く計算する方法)を駆使する必要も全くありません。

普段スマホの電卓などを使っていて、普通の電卓を持っていない人もいるかと思いますが、そういった人は、今後日常的に使う可能性がないなら無理して電卓を買いに行く必要はないでしょう。

勘でも受かるは本当か?

すでに書いたように、FP3級の試験は全てマークシート式で、2択か3択のどちらかになってます。なので答えが分からなくても、とりあえず何かマークしておけば正解する確率がそれなりに高いんです。

具体的に計算してみるとよく分かると思います。

まず学科試験ですが、2択が30問と3択が30問の計60問です。

これらをすべて勘で答えたとすると、

2択:30×1/2=15

3択:30×1/3=10

よって15+10=25で25問正解できることになります。

合格ラインが36問なのであと11問正解できれば合格です。

もし仮に2択3択ともに3分の1の10問ずつ答えが分かったとすると

2択:10+20×1/2=20

3択:10+20×1/3≒16.6

よって20+16.6=36.6で36問正解できることとなり、これだけで合格ラインに達してしまいます。なので極端に言えば、学科試験は3問に1問確実に正解することさえできればあとは全て勘でも合格できてしまう簡単な試験なんです。

同様に実技試験も計算してみましょう。

実技試験は金財の場合3択が15問あり、配点は3点が10問、4点が5問の計50点です。

1問あたりの配点は50/15≒3.3なので3.3点として計算することにします。

すると3択なので、15×1/3×3.3=16.5となり、16.5点は全て勘でも得られるという計算になります。

仮に半分弱の7問の答えが分かったとすると

(7+8×1/3)×3.3=31.9 で約32点獲得できることとなり、合格ラインの30点を上回ることができるんです。

こうしたことから、実技試験では全体の半分の問題を自信をもって答えることができれば確率的には合格する確率が高いと言えるでしょう。

ここでの計算はあくまで確率なので、運悪く勘がハズレまくったりしたら落ちてしまう可能性もあります。しかし、実際の試験では「3択を2択に絞れたけどどっちか分からない」といったこともあるので、そうなると合格する可能性はもっと上がるはずです。

これを見て油断してはいけないですが、FP3級の試験はある程度心にゆとりをもって臨んでも大丈夫な試験なのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする